人間のカラダの約70%は水分

人間の体の約70%は水分といわれていますが、それほど私たち人間にとって水分補給は大切なことです。そして、ダイエットをするうえでも重要な役割をもっています。

水分補給

体内への水分不足により筋肉への水分が少なくなり燃焼効率が下がりエネルギー消費量が落ちてしまいます。

 

水を口から摂取してカラダにとり込まれたあと水は腸壁から吸収され血液へとはこばれます。
一般に1日の水の摂取量は1.5リットルから2リットルをとったほうが良いなどといわれていますが、これは体格差(体重差)があり、一様にはいえません。

 

しかし水分を摂取するということにおいての大切な役割があることにかわりありませんので、自身にあった水分摂取量を知っておくのが良いでしょう。

同じ水分補給をするなら水道水よりも美味しいウォーターサーバーで!京都・丹波の銘水

水のはたらき

水の摂取をすることによりカラダの中にある「老廃物」を体外に排出してくれるというデトックス効果もあります。

そして水の摂取をすることによりもうひとつ大切な役割をしています。それは血液を濃い状態(ドロドロ)から「サラサラ」にしてくれるということです。

 

血液が「ドロドロ」の状態とは、水分量が足りないときですが、たとえば運動しているとき、朝おきたとき、そして入浴中などです。水の摂取に関しては水をとらないことの障害のほうが多いのです。

身体に美味しい天然水はいかがですか?

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル