葉酸とは

葉酸

葉酸は水溶性のビタミンで、ほうれん草など緑の葉にふくまれるためにこの名前がつきました。通常の生活では葉酸が不足することはありませんが、妊娠中などは葉酸が不足することがあります。

葉酸はビタミンB12と一緒にとることにより血液をつくります。

葉酸の効果と効能

葉酸のはたらきは、貧血の防止、妊娠中の胎児の発育、下痢の予防、免疫力を高めるなどです。特に妊娠中は葉酸不足になりますと胎児が神経管閉鎖障害(神経管の発育不全)になる可能性があります。

 

マルチビタミン

葉酸が不足することにより造血機能が低下し貧血症状や神経障害、そして腸機能障害などがありますが、通常の生活において不足することはありせん。

むしろ過剰摂取により、発熱、かゆみ、呼吸障害はどの葉酸過敏症があります。

また、亜鉛の吸収を妨げる原因になる可能性もあります。

 

1日の葉酸推奨量(成人)

男 性 女 性
葉酸 240ug 240ug

(備考) 妊婦は+200ug,、授乳婦は+100ug付加します。

葉酸を含む食品

·牛レバー

·大豆などの豆類

·緑黄色野菜

·乾燥わかめ

ビタミンメニュー

水溶性ビタミンの種類

ビタミン B1 ビタミン B2 ビタミン B6 ビタミン B12
ビタミン C 葉 酸 ナイアシン ビオチン
パントテン酸

脂溶性ビタミンの種類

ビタミン A ビタミン D ビタミン E ビタミン K

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル