ビタミンKとは

ビタミンKは脂溶性ビタミンです。

ビタミンK

ビタミンKは大きく2つあり、1つめのビタミンK1には主に植物に含まれています(緑黄色野菜、豆類、植物油)と海藻類や魚介類などがあり、ビタミンK2には体内の腸内細菌によってつくられるものがあり、この他には発酵食品の納豆なども含まれます。

ビタミンKの効果と効能

ビタミンKには血液凝固の止血作用があり、骨へのカルシウムの定着を促すなどの作用があります。このようなことからビタミンKは「骨粗しょう症」の治療にもつかわれています。

 

ビタミンKが不足することにより血の凝固作用が弱く出血が止まらない、カルシウム不足により骨粗しょう症などの症状があります。

 

1日のビタミンK推奨量(成人)

男 性 女 性
ビタミンK 75ug 65ug

 

ビタミンKを含む食品

ビタミンKを含む食品は、納豆、緑黄色野菜(小松菜、ほうれん草)などや海藻類魚介類ですが特に納豆はビタミンKが豊富に含まれています。

ビタミンメニュー

水溶性ビタミンの種類

ビタミン B1 ビタミン B2 ビタミン B6 ビタミン B12
ビタミン C 葉 酸 ナイアシン ビオチン
パントテン酸

脂溶性ビタミンの種類

ビタミン A ビタミン D ビタミン E ビタミン K

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル