ビタミンDとは

ビタミンEは水に溶けにくい脂溶性ビタミンです。ビタミンEは抗酸化作用が強いビタミンであり、油に溶けやすく体内で酸化を防ぎます。

ビタミンE

そして活性酸素を防ぐことにより生活習慣病(動脈硬化や心臓病)などの予防にもなります。

ビタミンEは生体内でつくることができませんが通常の食生活では不足の心配はないといわれています。

ビタミンDの効果と効能

ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用がありますので「老化防止」にもなり、血行を良くすることにより、肩こり、頭痛、冷え性などの改善にも役立ちます。

またビタミンEは単体で摂取するよりも、ビタミンCと一緒に摂取することにより、ビタミンCがビタミンEの抗酸化作用を高めてくれます。
ビタミンEの不足により、老化促進や血行不良、筋肉低下などがあります。

 

1日のビタミンD推奨量(成人)

男 性 女 性
ビタミンE 10mg 8mg
上限量  800mg  700mg 

 

ビタミンDを含む食品

ビタミンEを含む食品は、ひまわり油、アーモンド、小麦胚芽、抹茶、とうもろこし油、マーガリン、マヨネーズ、あんこう、落花生、筋子など

ビタミンメニュー

水溶性ビタミンの種類

ビタミン B1 ビタミン B2 ビタミン B6 ビタミン B12
ビタミン C 葉 酸 ナイアシン ビオチン
パントテン酸

脂溶性ビタミンの種類

ビタミン A ビタミン D ビタミン E ビタミン K

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル