ビオチンとは

ビオチン

ビオチンは水溶性ビタミンですが日常生活においていろいろな食品に含まれており、腸内細菌でも合成されるので欠乏することがありません。ただし、生卵白を多量に取りすぎたり抗生物質をとり続けることによってビオチンの吸収が妨げられることがあります。

ビオチンの効果と効能

マルチビタミン

ビオチンのはたらきは、髪の毛、皮膚、粘膜、神経系の正常維持や疲労、そして筋肉痛を和らげ食欲不振などにも効果があります。

また、アレルギー症状であるアトピー皮膚炎や花粉症などの炎症を抑えるためにもビオチンはつかわれています。

 

1日のビオチン推奨量(成人)

男 性 女 性
ビオチン 30ug 30ug

(備考)授乳婦は+5ug付加します

ビオチンを含む食品

·牛レバー

·豆類(大豆、ピーナッツ)など

·卵黄

·ローヤルゼリー

ビタミンメニュー

水溶性ビタミンの種類

ビタミン B1 ビタミン B2 ビタミン B6 ビタミン B12
ビタミン C 葉 酸 ナイアシン ビオチン
パントテン酸

脂溶性ビタミンの種類

ビタミン A ビタミン D ビタミン E ビタミン K

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル