ビタミンB12とは

ビタミンB12

ビタミンB12は水溶性ビタミンですが、脂肪や炭水化物の代謝をし遺伝子の元になる核酸を合成します。またビタミンB12は植物性食品から摂取できず動物性食品からの摂取になるので、野菜中心の生活の場合は不足する可能性があるので気をつけます。

ビタミンB12の効果と効能

ビタミンB12は赤血球の中の細胞内(ヘモグロビン)で酸素を体中に運びそして脳神経からの伝達を正常に保ちます。

他のビタミンB群と同じように三大栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)をエネルギーにかえる代謝の役目もあります。

 

ビタミンB12

ビタミンB12が不足することによって赤血球が減り悪性貧血を引き起こしますが悪性貧血が起こることにより、動悸、めまい、そして手足の痺れなどの症状があります。また神経障害の原因にもなります。

 

特に高齢者、胃の切除手術者、菜食主義者以外はビタミンB12不足の心配はありません。

 

1日のビタミンB12推奨量(成人)

男 性 女 性
ビタミンB12 2.4ug 2.4ug

(備考)妊婦、授乳婦は+0.4μg加算

ビタミンB12を含む食品

ビタミンB12を含む食品は動物性食品です。

·レバー、さんま、貝類、卵など

ビタミンメニュー

水溶性ビタミンの種類

ビタミン B1 ビタミン B2 ビタミン B6 ビタミン B12
ビタミン C 葉 酸 ナイアシン ビオチン
パントテン酸

脂溶性ビタミンの種類

ビタミン A ビタミン D ビタミン E ビタミン K

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル