ビタミンB1とは

ビタミンB1

ビタミンB1は水溶性のビタミンで炭水化物(ご飯やパンなど)、糖質の分解をするときの酵素の作用を促進します。ビタミンB1不足といえば「脚気」などの症状で知られています。

ビタミンB1の効果と効能

ビタミンB1は糖質を栄養分とする脳神経系のエネルギーとして正常な作用ができるように、また皮膚や粘膜そして筋肉の維持活動に使われます。

 

ビタミンB1

ビタミンB1の欠乏による症状は、食欲不振、疲労、脚気、多発性神経炎などがあり、特に激しい運動などをした場合はエネルギーの消耗とともにビタミンB1が不足しがちになります。

 

水溶性ビタミンであるビタミンB1は過剰摂取しても尿とともに体外に排出されるので、大きな障害はありません。

 

1日のビタミンB1推奨量(成人)

男 性 女 性
ビタミンB1 1.1mg 0.8mg

 

ビタミンB1を含む食品

·豚肉、内臓類、鴨肉、卵黄

·うなぎ、かつお、フナ

·大豆、落花生

·そば粉、玄米

ビタミンメニュー

水溶性ビタミンの種類

ビタミン B1 ビタミン B2 ビタミン B6 ビタミン B12
ビタミン C 葉 酸 ナイアシン ビオチン
パントテン酸

脂溶性ビタミンの種類

ビタミン A ビタミン D ビタミン E ビタミン K

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル