ビタミンAとは

ビタミンA

ビタミンAは水に溶けにくい脂溶性ビタミンです。

中でもカロテノイドをふくむ緑黄色野菜が動物の体内でビタミンAに変わりビタミンAとしての効果をもつためプロビタミンAといわれています。
体内でビタミンンAがβーカロテインに変わることとしてしられています。

ビタミンAの効果と効能

ビタミンA不足として代表的なことは暗くなると目が利かない、夜盲症がありますが、これは網膜にロドキシンというビタミンAからつくられる物質が少ないことから起こります。

ビタミンA

その他には「皮膚乾燥症」、「感染症予防」「生殖機能維持」そして「成長促進」などがあります。

一方、脂溶性であるビタミンAはとり過ぎることで様々な障害があります。
ビタミンAを過剰摂取しますと、「吐き気」「頭痛」「発疹」「疲労感」「肝臓障害」などの症状がでることがあります。

 

1日のビタミンA推奨量(成人)

年 齢 男 性 女 性
18~49 750ug 600ug
50~69  700ug  600ug 
 70以上 650ug  550ug 

 

ビタミンAを含む食品

·レバー(牛・豚・鶏)

·うなぎ、アンコウ肝、ホタルいか、穴子、マグロ刺身

·乳製品(牛乳、チーズ、バター)

·モロヘイヤ、春菊、おかひじき、大根の葉、小松菜、ニラ、せり

カロテノイドを含む食品

·かぼちゃ、ニンジン、ほうれん草

ビタミンメニュー

水溶性ビタミンの種類

ビタミン B1 ビタミン B2 ビタミン B6 ビタミン B12
ビタミン C 葉 酸 ナイアシン ビオチン
パントテン酸

脂溶性ビタミンの種類

ビタミン A ビタミン D ビタミン E ビタミン K

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル