ビタミン(Vitamin)とは

ビタミンは体の機能を正常に保つため必要な栄養素であり、三大栄養素の炭水化物、たんぱく質、脂質のはたらきを円滑にし助ける役目があります。微栄養素ですが生理作用をうまく行うために必要な有機化合物です。

ビタミンが不足すると三大栄養素がうまく転換されないなど、さまざまな影響(成長障害や疾病など)を体にあたえます。

 

ビタミンは体内でほとんど合成できないので食品から摂取する必要があり、主なビタミンは13種類あり、性質の違いから水溶性ビタミン(9種類)と脂溶性ビタミン(4種類)の2種類にわけられています。

水溶性ビタミンとし脂溶性ビタミンとは

水溶性ビタミンとし脂溶性ビタミンの2種類にはそれぞれ違った特性があり、摂取の仕方も違ってきます。

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは水にとけるビタミンであり、たとえ余分に摂取しても汗や尿などの水分として体外に排出されます。とり過ぎの心配のないビタミンですが、逆に不足しないようにしなければいけません。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは油にとけるビタミンですが、水溶性ビタミンと違い体に貯蔵されるビタミンであり、必要に応じてつかわれます。このためビタミン不足といことは起こりにくいのですが、とり過ぎの心配があり過敏症(吐き気や頭痛)などに注意しなければいけません。

ビタミンメニュー

水溶性ビタミンの種類

ビタミン B1 ビタミン B2 ビタミン B6 ビタミン B12
ビタミン C 葉 酸 ナイアシン ビオチン
パントテン酸

脂溶性ビタミンの種類

ビタミン A ビタミン D ビタミン E ビタミン K

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル