停滞期の対策と過ごし方

停滞期になってしまうのは無理な食事制限による栄養不足です。

いったん停滞期にはいりますと、今以上に食事を減らそうと運動量を増やそうと体重は依然として変わりません。

停滞期について

停滞期は食事から得られる摂取カロリーの吸収率があがり、消費カロリーまで節約してしまいます。

それでもな食事制限、運動量増加をしてしまいすと、ますますこの停滞期から抜け出せなくなります。

 

もしもこの停滞期にはいった場合、まずは自身がパニックに陥らず、無理な食事制限、運動量増加などは行わないようにします。停滞期は体の飢餓を感じている状態ですが、1ヶ月ほどで消費カロリーと摂取カロリーに慣れて解除してくれるようになっています。

停滞期は栄養補給が大事

停滞期の対策と過ごし方は、十分な栄養をとることが大事です。

栄養といってもただ単に摂取カロリーを増やすということではなく良質なもの、たとえば脂肪に変化しないビタミン・ミネラルを摂取するようにします。

 

停滞期の対策

この場合はサプリメントなどからの摂取がいいでしょう。

ダイエット時の体重減の目安は、1ヶ月に体重の4%以内にとどめることが停滞期をやわらげることにもなります。

停滞期がくるというのは、ダイエットが順調に進んでいるということですので、あわてることなく平静を保ちましょう。

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル