リバウンドのしくみ

リバウンドはダイエットで一度減少した体重が元にもどる、または元の体重よりも増えてしまうということです。リバウンドで体重が増えたときそれは体脂肪だけがリバウンド前よりも増えています。

リバウンドの説明

たとえリバウンドしたときに前の体重と変わっていないとしても、筋肉量が減って体脂肪が増えている可能性が高く、基礎代謝も下がっています。

 

リバウンドは食べられないというストレスからくる(節食したあとのドカ食いや栄養不足)こともありますが、キッカケとして停滞期も関連していることもあります。

それは体重が減らないため停滞期の期間中にダイエットをやめてしまうことがあります。このとき体のなかでは、ダイエットにおいてとても不利な条件下にあります。

リバウンドの原因

まず1つめは、「食べ物からのエネルギー吸収率」が上がっているということ、2つめは、「体が消費するエネルギーを減少させる」という人間の体のシステム(ホメオタシス効果)がはたらいているからです。

リバウンド

もしここでダイエットをやめてしまうと、食物からの吸収率がよく消費エネルギーを抑えていますから、特別食事の量を増やさなくても摂取カロリーを増やしたのと同じこととなり体重が増える、という仕組みになります。

リバウンドを避けるために、極端な食事制限だけというのは良い方法ではなく、あくまでも栄養を十分に摂取するということが必要です。

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル