むくみの対策と改善方法

むくみの対策と改善方法には塩分の取りすぎや冷え、睡眠不足、アルコールの取り過ぎなどさまざまな原因がありますが、生活習慣を変えることによりむくみ対策にもなります。

むくみに効く食材
・スイカ、きゅうり、バナナ、小豆、など・豚肉、豆腐、かぼちゃ、など

むくみの対策と改善方法

塩分の取りすぎ

塩分の取りすぎによるむくみは、水分補給やビタミン、ミネラルを十分に取り1日の摂取量を意識することが大切です。もちろん塩分の摂取量にも気をつけなければいけません。1日の塩分摂取量は10gです。


長時間の同じ姿勢

長時間の同じ姿勢によるむくみは、時間の合間を見ながら適度にカラダをストレッチすることにより少しでも血液の流れを循環させるようにします。デスクワークの場合でも、1時間以上イスに座り続けないようにお茶を入れるなどの姿勢変化をしましょう。


冷え

冷えによるむくみは血行不良が原因の場合が多く、適度な運動と入浴のときにはシャワーだけでなく湯船につかる、また半身浴でもよく、足湯なども冷えの対策になります。


睡眠不足

睡眠不足によるむくみは自律神経を不調にさせる原因ですので、できるだけ生活が不規則にならないように1日のスケジュールを見直します。


アルコールの取りすぎ

アルコールの取りすぎによるむくみは、飲酒のさい意識的に水の補給と飲んだ次の日にも十分な水分補給とミネラルをとります。


骨格のゆがみ

骨格のゆがみによるむくみは、矯正ベルトや体操、または専門の治療院で骨格の矯正をしてみるのもいいでしょう。

上記以外にも、ふくらはぎのリンパマッサージや、きつめの下着を正確なサイズにする、顔のむくみが気になるときには温水と冷水で交互に顔を洗うなどの方法があります。

腎臓の不調によるむくみは早めの診察をします。

 

セルライト

一過性のむくみは、血液とリンパ液の循環の低下と老廃物の排出がスムーズに行われないことが原因でむくみという症状にあらわれます。しかし、このむくみが慢性的になると皮下組織の脂肪細胞と老廃物が絡み合い『セルライト』という現象があらわれます。

 

女性の8割はセルライトがあるといわれています。セルライトといえば、皮膚の表面が「デコボコ」しているのがうかびますが、それはかなり症状が進んだ状態です。

 

セルライト予備軍はデコボコする手前の段階で、見た目にはわかりません。

 

特に脂肪の多い部分にセルライトは付きやすく、太もも、おしり、ふくらはぎなどがあります。

いったんセルライトができますと、通常のダイエット方法では除去できずセルライト専門の方法が必要になります。

セルライト予防にはその前進である、むくまないようにすることが大事であり、むくみがでないようにするには生活習慣からということになります。

 

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル