マグネシウム(Mg)のはたらき

マグネシウム(Mg)

マグネシウムは300種以上の代謝酵素がはたらくのに必要な必須ミネラルです。
マグネシウムはカルシウムやリンと一緒に歯や骨を形成するのに必要であり、精神的なストレスや肉体的なストレスで消耗しやすいミネラルです。

 

マグネシウムが消耗するときにはカルシウムも一緒に放出されるため、肉体労働、激しい運動、高齢者は十分な摂取が必要です。

マグネシウム(Mg)の効果と効能

マグネシウムはカルシウムの吸収を助けますが、カルシウム過多の場合にも調整する作用があります。生活習慣病(心疾患、糖尿病、高血圧)などの予防にもなり、片頭痛をやわらげます。

 

マグネシウム(Mg)

また、心臓や血管の正常化や神経の安定化、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすはたらきもあります。
飲酒の量が多い人などもマグネシウムが不足気味になります。

 

マグネシウムは多量のアルコールを摂取した場合、尿と一緒に排出されるためアルコール摂取の多い方はマグネシウムを多めに取るようにします。

 

マグネシウム(Mg)が不足すると

マグネシウムが不足することにより、動脈硬化、高血圧、糖尿病、筋力低下、骨粗しょう症、不安感、片頭痛などがあります。

マグネシウム(Mg)を含む食品

マグネシウム(Mg)を含む食品は

·種実類(アーモンド、ゴマ、落花生など)

·豆類(納豆、おから、豆腐)

·魚介類(あさり、カキ、スルメイカ、まぐろなど)

·海藻類(青海苔、ま昆布)

·きのこ類(干ししいたけ)

 

1日のマグネシウム(Mg)推奨量(成人)

男 性 女 性
 マグネシウム 340mg 270mg
 上限量 350mg

(備考) 妊婦は+40mg付加します

ミネラルのメニュー

ミネラルの成分やはたらきがわかります。

 

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル