基礎代謝BM(basal metabolism)

基礎代謝はBM(basalmetabolism)といい、人が生きていくために最低限必要なエネルギーで、ソファーに横になり何もしていない状態でも体の機能ははたらいています。

 

基礎代謝の説明

心臓も動き体温も調整してくれるなど常に体の内部では活動しているのでエネルギーは消費されています。

 

基礎代謝は16歳から18歳をピークに、40代を過ぎたあたりから急激に低くなっていきますが、それは筋肉の量が減ってしまうという理由があります。

基礎代謝の下がる原因

基礎代謝が低下し始めるため、中年太りの原因は筋肉量の低下に関係しており基礎代謝は人の体格、とくに「筋肉」の量によって左右さされます。

 

筋肉の量が多い人ほど基礎代謝は高くなります。

 

ダイエットをするうえでこの「基礎代謝を上げる」というのは、太りにくい体質をつくる重要なポイントになります。

なぜなら基礎代謝の40%を占めているのがこの筋肉であり、残りは肝臓、胃腸、腎臓、脾臓、心臓などの内臓と脳などで消費されます。

 

同じ体重のひとならば、体脂肪率の低いほうが(筋肉量が多い)基礎代謝が高いので「太りにくい」といえます。

 

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル