インスリンのはたらき

インスリンとは

インスリンが分泌される仕組みとして炭水化物の代謝に関係しています。

 

口からはいった食物(炭水化物・糖質)は胃で消化して腸で吸収され血液中に運ばれますが、このときの状態を血糖(グルコース)といいます。

 

血液中に急激に糖が増えると血糖値は高くなりますが体がそれを異常事態と感じ高くなった血糖値を低くするためにインスリンが分泌されます

血糖値が高くなると

インスリンが分泌されて血糖値は低くなりますが、低くなった血糖(グルコース)は「肝臓と筋肉、脂質」の順番で貯蔵されます。

 

血糖値の説明

血糖値の高い血液は血管へのダメージが大きくなり、高血糖動脈硬化になる可能性があり、インスリンが分泌されます。

 

肝臓と筋肉にはグルコーゲンというすぐに使えるエネルギーとして一時的に貯蔵されていますが、容量がきまっているので余剰分は脂肪として体に貯蔵してしまいます

 

これがインスリンが分泌されてから体脂肪になる工程です。

 

通常はこのような流れですが、一気にたくさんの食事や早食いなどをしても大量のインスリンが分泌されます。

 

今までは肝臓と筋肉、そして余剰分が脂肪という工程でしたが、肝臓や筋肉に貯蔵の容量があるにもかかわらず今度はインスリンが最初から糖が脂質分として体に貯蔵されてしまいます。

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル