脂肪細胞を増やす原因

授乳

・妊娠中のお腹の中にいるときに、母親が栄養補給のため過剰に栄養をとり過ぎた場合、胎児と母親が太りやすく(脂肪細胞を増やしやすい)なることがあります。

 

・生後1年の乳児期に過剰に母乳やミルクを与えた場合、多くとり過ぎた 栄養が脂肪細胞をつくりやすくなります。こどもの頃に太っているひとは大人になってからも太りやすいというのは、このためですが、必ずしも太るということではありません。

 

・こどもから大人へと成長していく「思春期」はカラダの変化もあり、食欲も多くなります。これはカラダがつくられていくわけですから、当然のこ とですが、ひとによってはやはり栄養の過剰摂取になりやすいです。

 

この時期に太ってしまう(脂肪細胞を増やす)ひとは、大人になっても 太る傾向があるようです。

脂肪細胞はホルモンバランスの影響もあります

妊娠

女性の場合は、さらに妊娠や出産などがあり、中年期からは基礎代謝の低下により、さらに太る原因(脂肪細胞の増加)があります。

 

今では男性、女性に限らず更年期のホルモンバランスによる影響も出てきます。

 

ダイエットを行うには、この脂肪細胞をいかに増やさないか、そしてすでにある脂肪細胞の一つ一つを大きくしないように生活習慣を少しづつ変えていく必要があります。

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル