早食いはダイエットに
よくないといわれていますが

早食いはダイエットによくないといわれていますが

早食いがダイエットによくないといわれるのは、必要以上に食べ過ぎでしまうということがありますが、それはインスリンのはたらきに関係しています。

 

早食いをするということは咀嚼の回数も減りますね。唾液の分泌液には胃で消化する前の段階として唾液が分泌されています。胃のはたらきの補助をします。

 

よく噛む、ゆっくり食べるということは、食べ物をなるべく消化不良をおこさないようにしてカラダに栄養をおくるためです。脳への刺激にもなり満腹中枢が食べ過ぎを防いでくれます。

 

さらに急激な血糖値の上昇を防ぐはたらきもあります。

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル