デトックス効果を上げるには

デトックス効果を上げるためには日常生活の中で行えることが多くありますが、予防策として毒素を体に取り込まないようにすることも必要です。

 

デトックス効果を上げるためには水を飲んで体内の毒素を排泄物として体外に排出する方法と、半身浴などで入浴をして皮膚の深い場所からデトックスする方法があります。

水を飲んで体内からのデトックス

水は最もポピュラーな方法で、しかも簡単にできます。

水を飲むことにより肝臓の解毒作用が高まり、体内の毒を排出するデトックス作用があります。

水を飲む

また、体内にとり入れられた水は腸内を刺激便をやわらかくして排便を促すこともあります。

 

水の補給タイミングは朝の目覚めや入浴前、運動の前後または最中など汗で水分が奪われそうなときなどあらかじめ水分補給をしておきます。

 

1日に飲む水の量は個人差がありますので、1リットルくらいから始めて徐々に2リットルぐらいまで増やしますが、一度に大量の水分補給は肝臓に負担がかかりますので、数回に分けて飲みます。

入浴してデトックス

最近ではシャワーだけで入浴をすませる人が増えていますが、デトックスのためには全身浴、または半身浴をしましょう。

 

入浴

お湯に身体が浸かることにより汗がでますが、ただ単に暑さでかく汗と違い、お風呂でかく汗は皮膚の深いところにある皮脂腺から出ています。

 

これらの汗は水分、老廃物、コレステロールや脂質分を余分な水分と一緒に体外に排出してくれるデトックス作用があります。

 

岩盤浴なども同じ効果があります。また、体温が上がることにより血液の流れもよくなり代謝も上がります。

カラダに影響する有害物

有害物は体内に蓄積されると障害を引き起こす場合があります。

 

長い年月をかけて体内に有害物が蓄積されることにより、肝臓や腎臓などに負担がかかり、慢性的な疲労や頭痛イライラ、不眠、しびれなどの症状がでることもあります。

水銀はダイエットに大敵で脂質の燃焼を妨げる作用があります。

有害金属

・アルミニウム、カドミウム、水銀、スズ、鉛、ニッケル、ぺリリウム

食品添加物

・合成保存料や合成着色料を使った食品

環境物質

・スズ化合物、ホルムアルデヒド、DDT、人口ムスク、有機塩素、系殺虫剤、人工有機フッ素化合物、、ポリ臭化ビフェニール

これらはアレルギーの原因になることもあります。

デトックスを行うには上記以外にも、サプリメントを使った方法も あります。

最近では毒素が脂肪の分解をじゃましたりなど代謝酵素のはたらきがうまく作用しにくい原因にもなっています。

ふるさと青汁 マイケア青汁は安心な国内産原料使用

マイケアの「ふるさと青汁」は、美容に嬉しい明日葉が原料。注目成分“カルコン”がデトックスをサポートします。

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です

 

ページのトップへ戻る

化粧品サンプル